ゴミ箱に嬰児の遺体遺棄 シンガポール籍の2人捜索

新北市新店区の清掃員が、2月26日(木)、生ゴミ用コンテナから新生児の遺体を発見した件で、3月5日(火)午前、遺体の解剖が行われた。
警察は清掃業者の管轄区域から遺体が遺棄された場所を台北市萬華区の西門町に絞り、捜査を展開。監視カメラなどの情報から昆明街にある焼肉店前に設置されたコンテナと特定した。同店によると毎晩23時の閉店後ゴミをまとめ店舗前にコンテナを出し、業者は翌5時に回収。この間の映像には黒いポリ袋を提げた男性が記録され、警察の調べでシンガポールから入国し武昌街に宿泊していた23歳のカップルがかかわりがあるとみて行方を追っている。なお宿泊施設スタッフは、カップルの女性は入居時に妊娠している様子だったが、退去時には腹部が小さくなっていたと証言。
解剖では、嬰児の死亡が産前または産後により2人の罪状が変わるとして注目を呼んでいる。
(3月6日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 近頃の日本円の高騰を受け、日本好きの台湾人旅行者の間で〝旅行控え〟に走る声が挙がっている。…
  2. 現在世界的に公開中のハリウッド映画「名探偵ピカチュウ」が、公開初日となる5月9日(木)1日の台湾…
  3. 桃園市の客室乗務員組合「空服員職業工會」は5月13日(月)よりストの可否を問う投票を開始。初日に…
PAGE TOP