ゴミ収集車ドライバー 酒気帯びで処罰される

台北市大同区のゴミ収集車ドライバーが11月3日(土)、酒気帯び運転で検挙された件で、市環境保護局は同ドライバーを懲戒処分としたことを発表した。
報道によるとドライバーは35歳。同日早朝6時頃、大同区環河北路と敦煌路の交差点付近で検問を行っていた警察が収集車を停め近づいたところ、アルコール臭がしたため検査を実施し、ドライバーの酒気帯びが判明した。ドライバーは酒を使った料理を食べたと主張したが、認められなかった。
同局では収集車のドライバーには勤務前のアルコール検査を義務としているが、このドライバーは同日車両が壊れたため他署へ出向き車両を借用、その際検査を行わなかったという。

(11月5日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 鮮度のいい鶏を頑固にオークラホテル裏手の「頑・居酒屋」は、日本の焼鳥屋での修行を含め、この道…
  2. 日本の事故物件紹介サイト「大島てる」に台湾の物件9件が登録されていることがわかり、ネット上で注目を集…
  3. 中南部立法委員会は近頃、タバコの価格に対する市民の不満を受け、問題の解決に当たる方針を示した。…
PAGE TOP