コンサートに逃亡犯 来場者を顔認証で検挙

中国大陸でツアーを開催中の香港スター、ジャッキー・チュンのコンサート会場で、長年逃亡を続ける指名手配犯が続々摘発されている。
ジャッキー・チュンは2016年10月から中国、シンガポール、タイなどアジア圏のほかアメリカ、オーストラリアなどを巡るワールドツアーを展開。中国の警察当局ではAIを用いた監視カメラと公安当局のデータベースを連動させた顔認証システムで来場者を監視。昨年4月以降南昌、嘉興、金華、洛陽など10カ所でそれぞれ1人の逃亡犯を検挙、また9月には四川省の会場で10人、12月の蘇州会場では、22人の逃亡犯が検挙され、チュンは「逃亡犯にとってもやはりスター」と評されている。
(1月2日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台中市豊原区の書店「三民書局」が9月30日(月)をもって閉店することを発表していた件で、近頃店舗…
  2. 日本や韓国などのTV放送や映画を違法に視聴できるストリーミング視聴機器「QBOX(千尋盒子)」が…
  3. 夏バテからの回復今日はちょっと大人数で食事ってことになったので、そんな時こそ…
PAGE TOP