クルーズ船のベッドに排泄物 乗客の男性、酒に酔い漏らす

基隆から馬祖へ向かうクルーズ船「台馬之星」にて9月18日(月)、女性スタッフが清掃作業中に船室のベッド上に人間の大便を発見。クルーズ船を運営する「新華航業公司」によると、大便が寝具で隠蔽されていたことから悪質な行為と見なし、船室を利用した乗客が特定できていることを公表した。

25日(月)、該当の乗客男性が名乗り出、謝罪の手紙を持参するとともに4000元を賠償。船上で酒に酔い、ベッドに倒れ込むようにして眠ったが、目が覚めて便を漏らしたことに気づき、恥ずかしさから寝具で隠し、慌てて下船したという。

同社は男性の謝罪を受け入れ、起訴しない方針を表明している。

(9月26日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 東京渋谷区に本社を置く株式会社アトレが1月10日(木)、台北市信義区の商業施設「Breeze南山…
  2. 台湾農業委員会は近頃、ブタの死骸が遺棄される案件が多発しており、昨年12月19日(火)から1月8…
  3. 台湾鉄道局は1月9日(水)0時より、春節期間中の東部鉄道チケットを発売。販売開始1分で14万60…
PAGE TOP