カメラマンが盗撮 会社も隠ぺい図る

新北市永和区にあるブライダル業に勤めるカメラマンの男が今年7月、入浴中の女性を盗撮していた件で、被害者の女性が9月5日(水)同社の対応を不満とし会見を行った。

同社は7月、9人の女性ブロガーを招へいし、澎湖にて広告用写真の撮影を実施。19日(木)に女性らが入浴していた際、男の盗撮が発覚した。カメラは浴室のほか、トイレなどにも設置されており、同社スタッフも被害に遭っていたという。

女性らによると、同社社長も状況を把握したうえで解決に至るまで責任を持って処理するとしたが、数カ月経っても積極的な動きが得られないばかりか、被害者である女性スタッフを解雇、情報を拡散しないよう脅すなどしていたという。

(9月5日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 炭火焼鳥とワインの店林森北路沿い、康楽公園前にひっそり佇む「東京田町・鳥心」は、備長炭でじっ…
  2. 台北市大同区のクレーンゲーム店にて、今年7月、1人の男性客が不正な手段で商品を獲得したとして訴えられ…
  3. 台南市で果物の砂糖漬け「蜜餞」売りを営む65歳の女性が、自身の身の上を詐称していたことがわかった。…
PAGE TOP