オーストリアと台湾ワーホリ 1年間のビザ発給へ

 

台湾外交部は10月24日(火)、台湾・オーストリア両政府が外交部にて「ワーキングホリデー合同声明」修正案に署名したことを発表した。今後、相互に1年間有効のビザ発給を行う。

台湾とオーストリアは、2014年よりワーキングホリデーを実施、6カ月有効のビザを発給していたが今後は1年に延長される。なお台湾ではのべ22万人が同制度を利用している。

(10月25日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 日本のゲームアプリ「旅かえる」が海外で異例のヒットとなり、開発者も驚いていること…
  2. 台湾のネットユーザーが近頃、もっと日本人に台南を訪れてもらいたいとしてバニラ・エ…
  3. 労働基準法改正案が3月より施行されるのを前に、労働部法規会は2月6日(火)、労基…
PAGE TOP