オーストリアと台湾ワーホリ 1年間のビザ発給へ

 

台湾外交部は10月24日(火)、台湾・オーストリア両政府が外交部にて「ワーキングホリデー合同声明」修正案に署名したことを発表した。今後、相互に1年間有効のビザ発給を行う。

台湾とオーストリアは、2014年よりワーキングホリデーを実施、6カ月有効のビザを発給していたが今後は1年に延長される。なお台湾ではのべ22万人が同制度を利用している。

(10月25日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 現在世界的に公開中のハリウッド映画「名探偵ピカチュウ」が、公開初日となる5月9日(木)1日の台湾…
  2. 桃園市の客室乗務員組合「空服員職業工會」は5月13日(月)よりストの可否を問う投票を開始。初日に…
  3. 高雄市橋頭地方検察署は5月14日(火)、3歳の女児が今年1月ガソリンスタンドの高圧空気入れによる…
PAGE TOP