オーストリアと台湾ワーホリ 1年間のビザ発給へ

 

台湾外交部は10月24日(火)、台湾・オーストリア両政府が外交部にて「ワーキングホリデー合同声明」修正案に署名したことを発表した。今後、相互に1年間有効のビザ発給を行う。

台湾とオーストリアは、2014年よりワーキングホリデーを実施、6カ月有効のビザを発給していたが今後は1年に延長される。なお台湾ではのべ22万人が同制度を利用している。

(10月25日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台北市政府環境保護局は11月13日(月)、「市空気品質悪化防止措置」を公布。これ…
  2. 1 諸国に足並み揃える? 出国税導入の影響に賛否両論2 北朝鮮の兵士、板門店JSAで銃撃を受…
  3. 香川県大使に認定「土三寒六」は2006年6月、台湾初の讃岐うどん専門店として創業。「…
PAGE TOP