エバーCAにセクハラ 男死亡で全面不起訴へ

今年1月、LA発台北経由バンコク行きのエバー航空便の機内で、CAの女性にセクハラ行為をした米籍の男が、3月にタイで死亡していた件で、桃園地方検察署は11月19日(火)、男を不起訴とする方針を明らかにした。
検察は男の死亡証明書を受け取り、刑法の定める規定に則り不起訴処分としたことを説明。この件に関しCAらの告発を受け、労働検査処は同社に対し職安法違反で6万元の罰金を科している。
(11月19日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 先日結婚式を挙げた林志玲とAKIRAが出演する「三代目 J Soul Brothers」の新曲「…
  2. Netflixで配信中の台湾ドラマ「罪夢者(Nowhere Man)」の不評を受け、この度同社ア…
  3. 台中市后里区にあるテーマパーク「麗寶楽園」にて、近頃美しい紅葉の並木道が人気の撮影スポットとなっ…
PAGE TOP