エバー航空4部門入選 アジアのベストエアライン

 

旅行サイト「トリップ・アドバイザー」が4月9日(月)、航空会社ランキング「トラベラーズチョイス2018」を発表。「人気エアライン」4部門に台湾の航空会社「エバー航空」がランクインした。

同ランキングは旅行者のレビューに基づき評価するもの。エバーは世界のベストエアラインで5位、アジアのビジネス・プレミアムエコノミーで1位に選出、アジアの十大ベストエアラインにも認定された。

一方、近頃台湾全土で麻疹が流行する中、タイガー・エアの男性客室乗務員が罹患。衛生福利部疾病管制署は、同乗務員が発疹後も勤務を続けていた件について、処罰を検討している。

(4月11日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台中市の高齢者支援機関「弘道老人基金会」が、彰化縣にて今年春から4カ月に渡り、高齢者たちへの識字…
  2. 台北市動物保護署はこの度、今年上半期にリードなしでペットを散歩させた条例違反者数が30人にのぼる…
  3. 台北市大安区の大安森林公園地下駐車場が7月から月極賃貸料の値上げを実施、これにより利用者が減少し…
PAGE TOP