エバー乗務員スト投票へ 待遇改善巡り交渉決裂

桃園市空服員職業工會(組合)は、エバー航空の乗務員らが待遇改善を求め、ストライキ実施の可否について5月13日(月)~6月6日(木)に投票を行うことを明かした。
投票は台北、桃園、高雄で行われ、エバー乗務員が5月13日(月)~26日(日)、チャイナエアで27日(月)から、他社の組合員は6月3日(月)から。6月6日(木)に開票を行いスト実行の可否が決定する。
エバー乗務員と会社側の協議は二度に渡り交渉決裂に終わっている。なお組合側は会社が誠意ある改善案を示す場合には再び交渉に応じるとしている。
(5月1日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 高雄市で2歳の女児が7月5日(金)夜、親が目を離した隙にタブレット端末で動画を見ながら自宅を離れ…
  2. 行政院院長・蘇貞昌が近頃、殉職した警察官の葬儀に参列した際、芳名帳に記入した後ペンを投げ捨てたと…
  3. エバー航空の客室乗務員らによるストライキが、7月9日(火)24時をもって終結。同日22時過ぎには…
PAGE TOP