エバー乗務員スト投票へ 待遇改善巡り交渉決裂

桃園市空服員職業工會(組合)は、エバー航空の乗務員らが待遇改善を求め、ストライキ実施の可否について5月13日(月)~6月6日(木)に投票を行うことを明かした。
投票は台北、桃園、高雄で行われ、エバー乗務員が5月13日(月)~26日(日)、チャイナエアで27日(月)から、他社の組合員は6月3日(月)から。6月6日(木)に開票を行いスト実行の可否が決定する。
エバー乗務員と会社側の協議は二度に渡り交渉決裂に終わっている。なお組合側は会社が誠意ある改善案を示す場合には再び交渉に応じるとしている。
(5月1日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台北地方検察署は11月5日(火)、市警察局文山第一分局に勤める46歳の男を、恐喝及び詐欺罪で起訴…
  2. 南投縣の山間に本部を置くカルト教団「中華白陽四貴霊寶聖道会」が今年9月、教育と称し信者の集団虐待…
  3. イタリア仕込みの本格ピザ六張犁駅から徒歩10分のショッピングモール「遠企購物中心」近く、隠れ…
PAGE TOP