エバー乗務員スト投票へ 待遇改善巡り交渉決裂

桃園市空服員職業工會(組合)は、エバー航空の乗務員らが待遇改善を求め、ストライキ実施の可否について5月13日(月)~6月6日(木)に投票を行うことを明かした。
投票は台北、桃園、高雄で行われ、エバー乗務員が5月13日(月)~26日(日)、チャイナエアで27日(月)から、他社の組合員は6月3日(月)から。6月6日(木)に開票を行いスト実行の可否が決定する。
エバー乗務員と会社側の協議は二度に渡り交渉決裂に終わっている。なお組合側は会社が誠意ある改善案を示す場合には再び交渉に応じるとしている。
(5月1日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園市の客室乗務員組合「空服員職業工會」は5月13日(月)よりストの可否を問う投票を開始。初日に…
  2. 高雄市橋頭地方検察署は5月14日(火)、3歳の女児が今年1月ガソリンスタンドの高圧空気入れによる…
  3. 広島的ソウルフード六張犁駅から徒歩10分、裏路地に佇む鉄板居酒屋「鐵匠」。広島出身の一代目と…
PAGE TOP