エバー乗務員スト投票へ 待遇改善巡り交渉決裂

桃園市空服員職業工會(組合)は、エバー航空の乗務員らが待遇改善を求め、ストライキ実施の可否について5月13日(月)~6月6日(木)に投票を行うことを明かした。
投票は台北、桃園、高雄で行われ、エバー乗務員が5月13日(月)~26日(日)、チャイナエアで27日(月)から、他社の組合員は6月3日(月)から。6月6日(木)に開票を行いスト実行の可否が決定する。
エバー乗務員と会社側の協議は二度に渡り交渉決裂に終わっている。なお組合側は会社が誠意ある改善案を示す場合には再び交渉に応じるとしている。
(5月1日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 地元新聞「聯合報」に、9月11日(水)、夫の不倫相手を糾弾する広告が掲載され、物議を醸している。…
  2. 総統選への出馬を表明している高雄市長の韓國瑜氏が9月8日(日)、新北市の大台北都会公園にてプロモ…
  3. 台湾内政部は9月11日(水)、最新の「簡易生命表」を公布。これによると、昨年の台湾における平均寿…
PAGE TOP