エバーセクハラ問題 労働組合が「違法」宣言

今年1月、LA発台北経由バンコク行きのフライトで乗客からのセクハラ行為を乗務員が訴えた件で、労働組合「長栄航空企業工會」は2月18日(月)、同社が職員の安全保護義務を怠ったとして違法であると告発した。
乗務員の女性は1月19日(土)のフライトで男性乗客からトイレでの清拭介助など過剰なサービスを要求され、後日組合員立会いのもと会見を開き被害を訴えた。また同乗客が過去にも問題を起こしていたことを同社が知りながらブラックリストにも載せていなかったなど問題を放置、職業安全衛生法に違反するとして批判。当事者である乗務員に事後の補償とサポートと傷病休暇を求めた。
(2月18日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園市の客室乗務員組合「空服員職業工會」は5月13日(月)よりストの可否を問う投票を開始。初日に…
  2. 高雄市橋頭地方検察署は5月14日(火)、3歳の女児が今年1月ガソリンスタンドの高圧空気入れによる…
  3. 広島的ソウルフード六張犁駅から徒歩10分、裏路地に佇む鉄板居酒屋「鐵匠」。広島出身の一代目と…
PAGE TOP