エバーセクハラの男 3月にタイで死亡

今年1月、LA発台北経由バンコク行きのエバー航空便の機内で、客室乗務員の女性にセクハラ行為をした外国籍の男が、3月にタイのサムイ島で死亡していたことがわかった。
男は5月のフライトをすでに予約していたが、事件後、同社ではこの乗客を搭乗拒否とし、弁護士からの通達手続き中に死亡が発覚した。同社は乗客の家族とチケットの払い戻し手続きを進めているという。
(4月17日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 地元新聞「聯合報」に、9月11日(水)、夫の不倫相手を糾弾する広告が掲載され、物議を醸している。…
  2. 総統選への出馬を表明している高雄市長の韓國瑜氏が9月8日(日)、新北市の大台北都会公園にてプロモ…
  3. 台湾内政部は9月11日(水)、最新の「簡易生命表」を公布。これによると、昨年の台湾における平均寿…
PAGE TOP