エバーと組合、労使協定合意 スト中の損害一部賠償訴え

エバー航空の客室乗務員らによるストライキが、7月9日(火)24時をもって終結。同日22時過ぎにはストに参加した全員が同社前を後にした。
ストは6月20日(木)より17日間に渡って行われ、7月6日(土)には同社運営側と、同社客室乗務員を含む労働組合「桃園空服員職業工会」間で労使協定に合意。同社は同日、顧客らの不便を強いたことに対し謝罪するコメントと、20日(土)より台湾出発便を正常運航することを発表した。なお同社はストによる損害について、組合と幹部を相手取り賠償を求める構え。
また同社パイロットの1人がFacebook上で、ストに参加した社員の機内食に「加料(トッピング)」をした「スペシャルミールを出す」と投稿した件で、同社は9日(火)、規律評議委員会を開き同パイロットに対し解雇処分を宣告。組合はこれを一方的な処分として批判している。
(7月10日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. スポーツジムチェーン「World Gym健身俱楽部」民権東店が、安全検査をパスしないままオープン…
  2. 中国でTV番組の収録中に急逝した俳優・高以翔の遺体を乗せた東方航空便が12月2日(月)午後、桃園…
  3. 飽きのこないヘルシー串焼台北の流行発信地「東区」に今年2月オープンした創作居酒屋「野﨑」。こ…
PAGE TOP