エバーと組合、労使協定合意 スト中の損害一部賠償訴え

エバー航空の客室乗務員らによるストライキが、7月9日(火)24時をもって終結。同日22時過ぎにはストに参加した全員が同社前を後にした。
ストは6月20日(木)より17日間に渡って行われ、7月6日(土)には同社運営側と、同社客室乗務員を含む労働組合「桃園空服員職業工会」間で労使協定に合意。同社は同日、顧客らの不便を強いたことに対し謝罪するコメントと、20日(土)より台湾出発便を正常運航することを発表した。なお同社はストによる損害について、組合と幹部を相手取り賠償を求める構え。
また同社パイロットの1人がFacebook上で、ストに参加した社員の機内食に「加料(トッピング)」をした「スペシャルミールを出す」と投稿した件で、同社は9日(火)、規律評議委員会を開き同パイロットに対し解雇処分を宣告。組合はこれを一方的な処分として批判している。
(7月10日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 10月5日(土)に行われた第54回金鐘奨の表彰式で、ドラマ「私たちと悪の距離(我們與惡的距離)」…
  2. 公務員の給与補助や休暇制度に基づき使用されるクレジットカード「国民旅游カード(國旅卡)」に関し、…
  3. インドネシア人看護師の女性が雇用主の男から違法に労働させられ監禁されていた件で、新竹司法検察署は…
PAGE TOP