インフルエンザ猛威 学校機関での伝染

 

台湾全土で近頃インフルエンザが流行。のべ13万人が医療機関の関連科目外来を訪れたことがわかった。

今年のインフルエンザでは52人が合併症を併発し、すでに14人が死亡。1月14日(日)~20日(土)の外来患者数は12万9593人に上り、前週より27%増加した。

直近の4週間で発覚した患者57人のうち44人が学校機関内だという。

(1月24日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. インドネシア人看護師の女性が雇用主の男から違法に労働させられ監禁されていた件で、新竹司法検察署は…
  2. 懐かしい和風洋食の味林森北路5條に今年3月オープンした焼鳥バル「紀どり」。居酒屋風の外観に反…
  3. 1 「罰金18万元」聞いた41歳男性がショック死 2 高雄で老人に強酸浴…
PAGE TOP