インフルエンザ猛威 学校機関での伝染

 

台湾全土で近頃インフルエンザが流行。のべ13万人が医療機関の関連科目外来を訪れたことがわかった。

今年のインフルエンザでは52人が合併症を併発し、すでに14人が死亡。1月14日(日)~20日(土)の外来患者数は12万9593人に上り、前週より27%増加した。

直近の4週間で発覚した患者57人のうち44人が学校機関内だという。

(1月24日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台湾農業委員会は近頃、ブタの死骸が遺棄される案件が多発しており、昨年12月19日(火)から1月8…
  2. 台湾鉄道局は1月9日(水)0時より、春節期間中の東部鉄道チケットを発売。販売開始1分で14万60…
  3. 焼酎と家庭料理を台湾在住・長期滞在日本人の憩いの場、林森北路の「五右衛門」は開店から今年で1…
PAGE TOP