インフルエンザ猛威 学校機関での伝染

 

台湾全土で近頃インフルエンザが流行。のべ13万人が医療機関の関連科目外来を訪れたことがわかった。

今年のインフルエンザでは52人が合併症を併発し、すでに14人が死亡。1月14日(日)~20日(土)の外来患者数は12万9593人に上り、前週より27%増加した。

直近の4週間で発覚した患者57人のうち44人が学校機関内だという。

(1月24日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台北市動物保護署はこの度、今年上半期にリードなしでペットを散歩させた条例違反者数が30人にのぼる…
  2. 台北市大安区の大安森林公園地下駐車場が7月から月極賃貸料の値上げを実施、これにより利用者が減少し…
  3. 屏東縣警察局恆春分局は8月5日(月)夜、満州郷にて周辺一帯の民家に忍び込み食糧などの盗みを繰り返…
PAGE TOP