イタリア旅行でカモに 法外な代金請求される

近頃イタリアのフィレンツェを訪れた台湾人旅行客が、ジェラート店で25ユーロ(約888台湾元)を請求され、店を訴えるという出来事があった。
この旅客は価格を告げられ不満を申し立てたが、店側は「うちは高いけれどその分おいしいんだ」と主張。やむなく代金を支払ったが、この件を知った添乗員が警察に通報、最終的に店側が処罰され2000ユーロ(約7万1000台湾元)の罰金が科されたという。
報道によるとイタリアではこうした事例が度々起きており、昨年はヴェネツィアでコーヒー2杯と水2本で43ユーロ(約1526台湾元)を請求されるというケースも発生している。
(1月11日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 高雄市で2歳の女児が7月5日(金)夜、親が目を離した隙にタブレット端末で動画を見ながら自宅を離れ…
  2. 行政院院長・蘇貞昌が近頃、殉職した警察官の葬儀に参列した際、芳名帳に記入した後ペンを投げ捨てたと…
  3. エバー航空の客室乗務員らによるストライキが、7月9日(火)24時をもって終結。同日22時過ぎには…
PAGE TOP