イタリア旅行でカモに 法外な代金請求される

近頃イタリアのフィレンツェを訪れた台湾人旅行客が、ジェラート店で25ユーロ(約888台湾元)を請求され、店を訴えるという出来事があった。
この旅客は価格を告げられ不満を申し立てたが、店側は「うちは高いけれどその分おいしいんだ」と主張。やむなく代金を支払ったが、この件を知った添乗員が警察に通報、最終的に店側が処罰され2000ユーロ(約7万1000台湾元)の罰金が科されたという。
報道によるとイタリアではこうした事例が度々起きており、昨年はヴェネツィアでコーヒー2杯と水2本で43ユーロ(約1526台湾元)を請求されるというケースも発生している。
(1月11日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園市の客室乗務員組合「空服員職業工會」は5月13日(月)よりストの可否を問う投票を開始。初日に…
  2. 高雄市橋頭地方検察署は5月14日(火)、3歳の女児が今年1月ガソリンスタンドの高圧空気入れによる…
  3. 広島的ソウルフード六張犁駅から徒歩10分、裏路地に佇む鉄板居酒屋「鐵匠」。広島出身の一代目と…
PAGE TOP