アート作品を破壊 来場者に賠償命令

台北市で2016年に行われたアートイベントで来場者の男が芸術家・王德瑜氏の作品を故意に損壊したとして出品したギャラリーが男に賠償を求めていた件で、台北地方法院は近頃男に対し16万3000元の賠償金支払いを命じた。
王氏の作品はビニール製で空気を含んだもので、男が作品を強く殴打したところ破裂したという。ギャラリーは定価65万元の7割を氏に対し支払い済み。
(7月16日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台湾人の父親と南アフリカ人の母親を持つ混血の青年が、10月8日(火)、30数年ぶりに居留許可証を…
  2. 10月5日(土)に行われた第54回金鐘奨の表彰式で、ドラマ「私たちと悪の距離(我們與惡的距離)」…
  3. 公務員の給与補助や休暇制度に基づき使用されるクレジットカード「国民旅游カード(國旅卡)」に関し、…
PAGE TOP