アメリカ留学生テロ示唆 「6月までに帰国したい」

 

アメリカ・ペンシルバニア州に留学中の台湾人男子が校内でテロ計画を吹聴し逮捕された件で、男子の両親・狄鶯と孫鵬は3月30日(金)夜、ニューヨークに到着した。

両親と男子のホストファミリーが4月5日(木)に面会、4月11日(水)に開廷する審理に備える。弁護料は台湾元にして58万元にも及ぶという。

弁護士によると本人は至って楽観的に構えており「教訓になった。6月までに家に帰りたい」と話しているという。なお現地メディアによると、今年2月フロリダの高校で起きた銃乱射事件以降、こうしたテロを示唆・吹聴するケースが相次いでいる。

 

(4月2日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台北市警察は4月16日(月)、新北市土城区にてアンフェタミンなど覚醒剤を精製する…
  2. 台北市最大の観光夜市「士林夜市」内のカットフルーツ店でフルーツ7袋を1500元に…
  3. 屏東縣政府民政處によると、今年3月末時点の縣人口が昨年12月末より約1000人減…
PAGE TOP