アメリカ留学生テロ示唆 「6月までに帰国したい」

 

アメリカ・ペンシルバニア州に留学中の台湾人男子が校内でテロ計画を吹聴し逮捕された件で、男子の両親・狄鶯と孫鵬は3月30日(金)夜、ニューヨークに到着した。

両親と男子のホストファミリーが4月5日(木)に面会、4月11日(水)に開廷する審理に備える。弁護料は台湾元にして58万元にも及ぶという。

弁護士によると本人は至って楽観的に構えており「教訓になった。6月までに家に帰りたい」と話しているという。なお現地メディアによると、今年2月フロリダの高校で起きた銃乱射事件以降、こうしたテロを示唆・吹聴するケースが相次いでいる。

 

(4月2日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 高雄市で2歳の女児が7月5日(金)夜、親が目を離した隙にタブレット端末で動画を見ながら自宅を離れ…
  2. 行政院院長・蘇貞昌が近頃、殉職した警察官の葬儀に参列した際、芳名帳に記入した後ペンを投げ捨てたと…
  3. エバー航空の客室乗務員らによるストライキが、7月9日(火)24時をもって終結。同日22時過ぎには…
PAGE TOP