アメリカ人が盗撮 靴に小型カメラ仕込み

西門町で5月5日(日)、アメリカ籍の男が靴に仕込んだ隠しカメラで盗撮行為を行い、一般人の通報から警察に現場で身柄を押さえられた。
調べによると男は靴のつま先部分に直径数ミリの穴を開け、装着した小型カメラで不特定の女性のスカートの中などを盗撮。取り調べを拒否したため、米国在台湾協会(AIT)の協力を得て弁護士を依頼、弁護士の同席下で盗撮の意志があったことを認めたという。
(5月5日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. YouTubeチャンネル「Tolta round the world」が10月末に制作した台湾を…
  2. 台北地方検察署は11月5日(火)、市警察局文山第一分局に勤める46歳の男を、恐喝及び詐欺罪で起訴…
  3. 南投縣の山間に本部を置くカルト教団「中華白陽四貴霊寶聖道会」が今年9月、教育と称し信者の集団虐待…
PAGE TOP