アメリカ人が盗撮 靴に小型カメラ仕込み

西門町で5月5日(日)、アメリカ籍の男が靴に仕込んだ隠しカメラで盗撮行為を行い、一般人の通報から警察に現場で身柄を押さえられた。
調べによると男は靴のつま先部分に直径数ミリの穴を開け、装着した小型カメラで不特定の女性のスカートの中などを盗撮。取り調べを拒否したため、米国在台湾協会(AIT)の協力を得て弁護士を依頼、弁護士の同席下で盗撮の意志があったことを認めたという。
(5月5日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 高雄市で2歳の女児が7月5日(金)夜、親が目を離した隙にタブレット端末で動画を見ながら自宅を離れ…
  2. 行政院院長・蘇貞昌が近頃、殉職した警察官の葬儀に参列した際、芳名帳に記入した後ペンを投げ捨てたと…
  3. エバー航空の客室乗務員らによるストライキが、7月9日(火)24時をもって終結。同日22時過ぎには…
PAGE TOP