アベンジャーズ人気 ホーク・アイ長輩図公開

現在全世界で上映中のハリウッド映画「アベンジャーズ:エンドゲーム」が、公開からわずか6日間でチケットの総売上額が13億4000万㌦を突破した。
大人気コミック「マーベル」のヒーローが総出演、さらに完結に近づくストーリーとあって今回の4作目は全世界が注目。各ヒーローの過去作品も合わせ30作品余りの再上映を希望するファンも多く、旧作の特別上映も行われている。
また中華圏での人気に伴い、ホーク・アイ役を演じるジェレミー・レナーが、写真に文字を合成した〝長輩図〟風の写真を公開。ファンらの笑いと感激を誘っている。
(5月1日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 中国の四川省で6月17日(月)にマグニチュード6.0規模の地震発生により台湾のプレートへの影響を…
  2. ビジネスマンの安らぎ処今や日本では幻となった新鮮な「牛レバ刺し」(300元)を火・金曜限定で…
  3. 1 高雄で今年初の日本脳炎患者が死亡、デング熱は20例2 NBAラプターズのジェレミ・リン、優勝…
PAGE TOP