アフリカ豚コレラ 旅客2人に罰金命令

農業委員会は12月12日(水)、2人の旅行客が中国から持ち帰った肉加工製品からアフリカ豚コレラが検出され、それぞれ1万5000元の罰金を科したことを公表した。
2人のうち1人は重慶から、もう1人はハルピンから入境、いずれも中国製の豚肉を使ったソーセージが荷物から見つかり、検査の結果アフリカ豚コレラウイルスが検出された。ウイルスは現在中国で流行しているものと型が一致している。
そのほか家畜衛生試験所は、空港及び港で旅客が入境前に廃棄した中国製肉加工品を検査したところ、同ウイルスを検出したと報告。農業委はこれらの状況を受け、12日(水)正午、携帯端末に緊急警報を送信、注意を促している。
(12月12日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台中市の高齢者支援機関「弘道老人基金会」が、彰化縣にて今年春から4カ月に渡り、高齢者たちへの識字…
  2. 台北市動物保護署はこの度、今年上半期にリードなしでペットを散歩させた条例違反者数が30人にのぼる…
  3. 台北市大安区の大安森林公園地下駐車場が7月から月極賃貸料の値上げを実施、これにより利用者が減少し…
PAGE TOP