お正月映画1位は韓国作品 興行収入2億元を突破

 

12月22日(金)から上映中の韓国映画「神と共に(中文題:與神同行)」の台湾における興行成績が好調、1月6日(土)時点で2億元を突破した。

あの世から来た死者が彼を導く死神3人組と共に、49日間7つの地獄で裁判を受けることから繰り広げられるストーリーを描いた作品。同じくお正月映画として期待の高かった「スターウォーズ」や「ピッチ・パーフェクト」、「ジュマンジ」を抑え2週に渡り1位。

同作は台湾や日本でも人気の実力派俳優ハ・ジョンウが主演、チャ・テヒョンやアイドルグループ「EXO」のディオらが脇を固める。

(1月8日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 交通部は近頃、「道路交通違反管理統一罰則基準及び処理細則」の改正を完了。これによると来年1月1日…
  2. 新北市で高齢者の看護師として勤めるフィリピン人女性が、雇用主からセクハラを受けたとして訴えた件で…
  3. 台湾の映画監督・鈕承澤が12月5日(水)、新作「跑馬」の撮影中、女性スタッフに性的暴行を加えたと…
PAGE TOP