お正月映画1位は韓国作品 興行収入2億元を突破

 

12月22日(金)から上映中の韓国映画「神と共に(中文題:與神同行)」の台湾における興行成績が好調、1月6日(土)時点で2億元を突破した。

あの世から来た死者が彼を導く死神3人組と共に、49日間7つの地獄で裁判を受けることから繰り広げられるストーリーを描いた作品。同じくお正月映画として期待の高かった「スターウォーズ」や「ピッチ・パーフェクト」、「ジュマンジ」を抑え2週に渡り1位。

同作は台湾や日本でも人気の実力派俳優ハ・ジョンウが主演、チャ・テヒョンやアイドルグループ「EXO」のディオらが脇を固める。

(1月8日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 高雄市三民区にある小学校で、学校指定の制服が一式4000元余りと高額であることか…
  2.   行政院は5月14日(月)、低給与の救済に関する法案を公布。来年1月にも1…
  3.   日本で焼き鳥修業中山北路二段から林森公園につながる小路を入ると、真新しいコンクリート打…
PAGE TOP