〝499の乱〟負の影響 スタッフ勤務時間超過

基隆市政府は5月21日(月)、中華電信店舗スタッフが9日(水)~14日(月)に渡りシフト勤務時間超過があるとして、同社5店舗に対し罰金102万元の支払いを命じた。

同社では「499元ネット使い放題」プランが人気沸騰となり、連日スタッフが時間外勤務を強いられる状況にある。該当の店舗は仁一、仁三、安一、安楽、七堵店の5店。市政府社会處労働資本関係科は同5店の出勤記録を確認したところ、スタッフ約100人中20人余りが超過勤務をしていることが判明した。中には超過時間が16~17時間に及ぶ人もいたという。

同社では過労死も出ており、雇用側の責任が問われている。

(5月21日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園市にて自家用車を運転中の男性がほかの車両に接触、飲酒していたため摘発を恐れ香水で口を漱いだと…
  2. 台湾鐵道では4月4日(木)~7日(日)の清明節連休に際し、3日(水)から特別ダイヤでの運行を実施…
  3. 4月8日(月)夜、台北市信義区の象山を訪れたカップルが、刃物を持った男に脅され700元を奪われる…
PAGE TOP