〝1人メシ〟の悲劇 忘れられた学生の涙

 

ある男子大学生が近頃1人で外食をした際、一時的に席を立ったところテーブルの上が片付けられ、次の客が座ってしまうという出来事があった。男子大学生はこの体験をSNSに投稿、悲劇だとして閲覧者の同情と涙を誘っている。

とある休日の午後、ステーキ店へ食事に出かけた学生は、食事を終えセルフサービスのスープを飲もうと席を離れた隙にスタッフがテーブルを片づけ、次の客を案内していたという。スタッフは学生に謝罪し、学生はレジ前でスープを飲み終わると会計を済ませ店を離れたが「なぜスープがこんなにしょっぱいんだろう、涙のせいかな」などとやりきれなさを吐露した。

(6月19日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台北市動物保護署はこの度、今年上半期にリードなしでペットを散歩させた条例違反者数が30人にのぼる…
  2. 台北市大安区の大安森林公園地下駐車場が7月から月極賃貸料の値上げを実施、これにより利用者が減少し…
  3. 屏東縣警察局恆春分局は8月5日(月)夜、満州郷にて周辺一帯の民家に忍び込み食糧などの盗みを繰り返…
PAGE TOP