〝雙11〟大規模セール 昨年比4倍を売り上げ

 

中国で「光棍節(独身の日)」と呼ばれる11月11日(土)前後に、台湾のYahoo奇摩、momo、PChome24hなどネットショッピングサイト各社は大型セールを開催。史上最高売上を更新した。

momoは今年、コンピューターや家電、生活用品を主に販売。平日と比較して約5倍、8億元増となる15億元の売上高を達成、年間売上87.5%増となった。同日最後の1時間は、毎秒11.5件の取引があったという。またPChome24hにはのべ4400万人が訪れ、1日の取引数が43万件に達した。

楽天市場の統計によると、今年の売り上げ件数は昨年比で約2倍、1日当たりの業績は平日と比較し7倍、全体的な業績は昨年同期比で4倍。

(11月14日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台中市の高齢者支援機関「弘道老人基金会」が、彰化縣にて今年春から4カ月に渡り、高齢者たちへの識字…
  2. 台北市動物保護署はこの度、今年上半期にリードなしでペットを散歩させた条例違反者数が30人にのぼる…
  3. 台北市大安区の大安森林公園地下駐車場が7月から月極賃貸料の値上げを実施、これにより利用者が減少し…
PAGE TOP