〝最悪の大家〟懲役に 被害者数160人

 

新北市地方法院は7月3日(火)、不動産物件の賃貸取り引き時に詐欺などを働いた49歳の女に対し、誣告、詐欺、及び強制罪など計22の罪状で、8年2月の一審判決を言い渡した。

検察によると女は共犯の男とともに、2013年から板橋区や中和区にて詐欺行為を働いてきた。被害者の証言によると内覧時、店子に見せた物件とは別の物件の契約書にサインさせ、店子が異議を申し立てると違約金を徴収して解約、また契約書にサインした後に項目を追加するといったもの。

今回の審理では被害者とその友人・家族ら78人が原告となり、二審では160人に膨れ上がる見込み。

(7月4日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 彰化縣に住むインドネシア籍の女が12月7日(金)深夜、別れた元夫と15歳の娘を殺害する事件が発生…
  2. 12月3日(月)より行われていた台北市長選の再開票作業が、11日(火)16時半頃完了。市長に再当…
  3. 本場仕込みのピザ小巨蛋裏手に当たる八徳路と延吉街の角にあるイタリアン「Banco」。マヨルカ…
PAGE TOP