〝トレペの乱〟再び? パルプの価格が影響

 

今年2月下旬から市内小売店でトイレットペーパーが値上がりして以来、4月まで価格が上昇し続けていることがわかった。行政院主計総處の統計によると、4月のトイレットペーパー、ティッシュペーパーの価格は年間で10.89%増で、2009年4月以来最高値となった。

国内メディアによると、5月にもまたパルプの価格変動が起こり、国産及び輸入紙製品の価格に影響するとみられる。2~3月のパルプ価格は1トン当たり760ドルだったのに対し、5月は770ドル。しかしながら今回は即時値上げは行わない見込み。

またバス用品も4月時点で6.77%値上がりしている。

(5月8日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 長栄航空(エバー航空)の客室乗務員が加入する労働組合「長栄航空企業工会」は6月11日(火)、同社…
  2. 彰化縣で6月10日(月)22時頃、国道1号線を走行する高速バスが横転し、3人が死亡、13人が重軽…
  3. 忘れられぬ麻辣湯上海にいた頃、週イチで食べてたのが四川の「麻辣湯」。要は火鍋と同じ要…
PAGE TOP