〝せむし〟のお婆ちゃん 転んだ衝撃で直立

嘉義縣東石郷龍港村に住む84歳の女性が近頃、転倒した衝撃で長年曲がっていた背骨がまっすぐに戻るという出来事があった。
女性は長い間、背骨が弓なりに曲がる〝せむし〟の状態にあり、ここ5~6年はまっすぐ立つことができなかったという。視界が低くなるため物にぶつかることもしばしばあり、この日は柱にぶつかり後ろ向きに転倒。背中を打った衝撃で、曲がっていた背中がまっすぐに伸びた。医療機関や整体院などで診てもらったが、大きな問題もないという。
女性はひさしぶりの「直立」した生活を楽しんでおり、近隣住民らも「奇跡だ」として女性の回復を喜んでいる。
(3月19日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 高雄市で2歳の女児が7月5日(金)夜、親が目を離した隙にタブレット端末で動画を見ながら自宅を離れ…
  2. 行政院院長・蘇貞昌が近頃、殉職した警察官の葬儀に参列した際、芳名帳に記入した後ペンを投げ捨てたと…
  3. エバー航空の客室乗務員らによるストライキが、7月9日(火)24時をもって終結。同日22時過ぎには…
PAGE TOP