「BRUTUS」表紙台湾人に不評 写真変更ツールも登場

日本のマガジンハウス社が発行する「BRUTUS」7月15日(土)発行号の表紙について、台湾のネット上では「恥さらしだ」、「みっともない」などの声が寄せられている。

同号では台湾特集を組んでおり、表紙には台南の街の風景を配した。しかしながら台湾人にとっては雑然とした風景であり、特別感もなくまた段差が多く障がい者にとっても不自由な街の姿をさらしているとの意見が上がった。これに対し台南市観光旅遊局長は「台湾のリアルな姿こそが日本人にとって魅力的に映ると信じている」とコメント。

一方、この表紙の写真を自分好みに変えられるツールがネット上に登場、台湾人が思い思いに楽しんでいる。

(7月18日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 過去34年間に24人の居住者が亡くなっている台北市中山区のマンションで、近年売買取引が活発化して…
  2. 桃園市政府経済發展局は、一般家庭の新型家電買い替えに1台当たり最高で3000元の補助金を給付する…
  3. 近頃ネット上でエバー航空の客室乗務員がオランダで売春行為をしているとの噂が流布されている件で、桃…
PAGE TOP