「ママダメ」女優が妊娠 相手はスタイリスト

 

 

今年公開の日台合作映画「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。」に主演する、女優のジエン・マンシュー(簡嫚書)が7月25日(火)、産婦人科にたびたび通っているとの報道があり、マネージャーは否定したが、27日(木)本人が自身のFacebook上で認めた。

映画は、実際にFacebookを通じて知り合った日本人男性と台湾人女性の恋愛を描いたもの。

なお、お腹の子の相手は交際中のヘアスタイリストと言われる。

(7月27日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台湾中央選挙委員会は4月17日(火)、同性婚反対に関する3つの国民投票案が合法で…
  2. 2016年3月に台北市内湖区で発生した幼女通り魔殺害事件の繰り延べ裁判が4月16…
  3. 労働部職業安全衛生署は近頃、台湾全土にあるドリンクスタンドを無作為に20店抽出、…
PAGE TOP