「ママダメ」女優が妊娠 相手はスタイリスト

 

 

今年公開の日台合作映画「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。」に主演する、女優のジエン・マンシュー(簡嫚書)が7月25日(火)、産婦人科にたびたび通っているとの報道があり、マネージャーは否定したが、27日(木)本人が自身のFacebook上で認めた。

映画は、実際にFacebookを通じて知り合った日本人男性と台湾人女性の恋愛を描いたもの。

なお、お腹の子の相手は交際中のヘアスタイリストと言われる。

(7月27日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 嘉義縣の呉鳳科技大学餐旅管理科3年の女子学生2人が、近頃韓国の釜山で行われた「韓国国際技能人コン…
  2. 台中市中区のアパートで母子3人の遺体が見つかった件で、検察は11月11日(月)、被害者3人の解剖…
  3. 握りたてを心ゆくまで賑やかな大安駅から静かな住宅街を歩くこと10分。徳安公園前の「秋料理四維…
PAGE TOP