「ジョーカー」興収世界一記録 台湾観光客の聖地巡礼も

現在台湾でも上映中のアメリカ映画「ジョーカー(小丑)」が、10月29日(火)、R指定を受けた映画作品の最高興行収入額を更新した。
同作は10月4日(金)に全世界同時公開され、今年のベネチア映画祭金獅子賞を受賞、これまでの興収は約8億㌦を記録。トップだった「デッド・プール 2」の7・85億㌦を上回った。台湾でも公開から2週間に渡りトップの座を占めたが、月末には「マレフィセント 2」が週間1位となった。
なお映画に登場するNYの階段が〝聖地〟として、国内外からの観光客も訪れる人気スポットとなっている。
(10月29日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園国際空港で11月2日(土)14時頃、ベラルーシ籍の男が滑走路に侵入、離陸準備中の機体に潜伏し…
  2. 彰化縣鹿港鎮で毎年開催されるグルメイベント「鹿港廟口小吃宴」の受付が11月6日(水)8時半にスタ…
  3. 高雄市にある外国語教室にて一昨年、講師として勤めるアメリカ籍の女性が妊娠したことを理由に雇用契約…
PAGE TOP